clear

アロマセラピストとは

現代社会では、心の病気や精神的な症状が社会問題となり、セラピストが世の中に必要とさ れてきています。自己解決の難しい心の問題や、うつ病などの深刻な状態に手助けとなる事 ができるのがセラピストであり、アロマテラピーと言えるでしょう。 そして、今後、この需要はますます高まっていくことが予想されています。そのため、セラ ピストや関連資格などを目指す方がとても増えている状況です。【求められるセラピスト】【選 ばれるセラピスト】へ学びを深め、社会問題解決の役割を担う専門家への道をスタートさせ ましょう。

アロマセラピストとは?

セラピストと呼ばれる資格が多数ある中で、最も有名なのがこのアロマセラピストでしょう。 植物から抽出したエッセンシャルオイルを利用して、心身のバランスを整える「芳香療法の 専門家」として、必要なスキルや知識、精神性を得た資格取得者を指しています。数多くあ るセラピストに共通しているのは、精神面の癒しを担っているという点でしょう。セラピス トは、手技によって、クライアントの体をほぐし、リンパや血液の流れを良くする事で、新 陳代謝を活性化させ、リラックスやストレス減退などの効果を導くことができます。

アロマセラピストになるためには?

身につける必要があります。まず、アロマテラピーの知識が必要です。そして、施術の基礎 学習、身体の仕組みについての知識、施術技術の実技練習を重ねます。そして、知識とスキ ルが身についたら、資格取得試験にチャレンジしましょう。アロマセラピストは公的国家資 格ではないので、必ずしも取得しなければいけないというわけではありませんが、資格は、 就職や独立時に実力を証明する大切な証となりますので、プロを目指す方はしっかりと学び 取得しておくことをおすすめします。また、ASFEでは、アロマセラピスト以外に、関連 資格も並行して取得することができます。更に、就職や独立時のアドバイスや支援セミナー の開催なども行い、アロマ関連品の学割制度などのサポートも行っております。

アロマセラピストに求められる事

セラピストは資格を取得したからといって誰もが務まる仕事ではありませんし、収入目的に 就職しても長続きしないケースが多いようです。相手に奉仕することで、喜びを感じられる ような方が向いていると言えるのかもしれません。セラピストとして大切なことは、まず、 人の心を思いやれる気持ちです。相手の精神状態を把握して心の治療を行う役目があります。 相手の話に耳を傾け、よく聞くことで、相手を癒し、悩みやコンプレックスなどの苦しみを 和らげることができます。そして、ひとりひとりにあった会話、治療法や香りのブレンドな どを選択できる柔軟性が求められます。また、人に言えない悩みなど心を開いて打ち明ける 信頼関係を築くこと、それらの話をうまく引き出す会話術なども求められるでしょう。 セラピストになるには、相手の都合を考え、立場に立って接することが最も必要なポイント といえます。

アロマセラピストの活躍の場

セラピストのライセンスを取って、自宅サロンを展開したり、専門サロンに勤務する方が 多く、リゾート施設やホテルなどでも活躍できます。また、クリニックや産婦人科などでも 癒しのトリートメントなどを提供するスタイルも増えています。更に、介護福祉の分野でも 注目されていて、ホームヘルパーや介護士の方が技術を身につけ、セラピースキルを身につ けるケースなども出てきています。活躍の場は広がって、セラピストの認知度が上がり、治 療効果が社会に認められていくことで広く浸透していくでしょう。

ASFEセラピストコースについて
セラピストコース概要
セラピスト詳細
現役セラピストの声
セラピストコース特典
協会について
理念
加盟サロン・ショップ
資料請求
facebook
twitter